ヘッダーイメージ

 通年雇用奨励金
北海道、東北地方等気象条件の厳しい積雪寒冷地において、季節的業務に従事する労働者を通年雇用した従業員に対して助成するもので、季節的な失業の発生を防止するとともに、これらの者の常用雇用化を促進することを目的とする助成金です。

 《事業所内就業助成》

対象となる事業主が、対象となる労働者を対象期間対象事業所内で就業させ継続して雇用する場合、常用労働者の増加に応じて、対象期間中に対象となる労働者に支払った賃金額の一部を助成する制度です。

※「対象期間」とは、12月16日から翌年の3月15日 までの期間です。

【受給できる事業主】                                   

次の全ての要件を満たす事業主です。

指定地域内(※1)指定業種(※2)に属する事業を行う雇用保険適用事業主の方。(民間の事業主に限る)
②対象となる労働者を対象期間中、①の事業主の事務所で事業内就業させることにより継続雇用し、少なくとも継続雇用予定期限(翌年12月15日)まで継続して雇用することが見込まれる事業主の方。
労働者名簿、出勤簿、賃金台帳等の労働関係帳簿類を整備、保管し、安定所の長から要請があれば、速やかに提出できる事業主の方。


(※1指定地域)
北海道、青森県等の13道県の全市町村又は一部市町村が該当します。


(※2指定業種)
①建設業 
②林業
③採石業及び砂・砂利又は玉石の採取業 
④水産食糧品製造業
⑤野菜缶詰・果実缶詰又は農産保存食糧品の製造業
⑥一般製材業 
⑦セメント製品製造業 
⑧特定貨物自動車運輸業 
⑨建設用粘土製品(陶磁器製のものを除く。)の製造業 
⑩建設現場において据付作業を行う「造作材製造業」「建具製造業」「建設用金属製品製造業」「建築用金属製品製造業」「畳製造業」 
⑪農業(畜産農産及び畜産サービス業を除く。)

をいいます。


【申請対象労働者】

申請対象労働者とは、奨励金支給の申請に係る対象労働者であって、具体的には
1)
新規継続労働者第1回目の奨励金の申請対象労働者)
2)
継続労働者   (第2回目の奨励金の申請対象労働者)
3)
再継続労働者  (第3回目の奨励金の申請対象労働者)
3種類です。


 対象となる労働者

◎季節労働者
 ・
9/16以前から雇用されていること
 ・
翌年1/31現在特例一時金の受給資格の見込まれる

【支給までの流れ】

        


注)奨励金支給を受けたい事業主の方は、12/16~翌年1/31までの間に通年雇用届
  事業所管轄公共職業安定所に提出しなければなりません。
  
  助成金が振込になるのは、支給申請後、労働局からの決定通知があった以降になります。

【支給額】

 新規継続労働者(第1回目申請者) 対象期間について事業主が支払った賃金の
2/3 (上限71万円)
 継続労働者・再継続労働者
(第2・3回申請者)
 対象期間について事業主が支払った賃金の
1/2 (上限54万円)







 



フッターイメージ